桜と信楽焼きの狸

ここでは、「桜と信楽焼きの狸」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜がキレイでした。
信楽焼きのタヌキ風の招き猫と桜のコラボレーションです。

タヌキ


信楽焼の狸の置物の歴史は比較的浅く、
明治時代に陶芸家の藤原銕造氏が作ったものが最初と言われている。

1951年(昭和26年)、昭和天皇が信楽町行幸の際、
たくさんの狸たちに歓迎されたことに感銘して歌を詠んだ逸話によって、
全国に名が知られるようになった。

縁起物として喜ばれ、狸が「他を抜く」に通うことから商売繁盛と洒落て
店の軒先に置かれることが多い。

信楽焼八相縁起に因んで福々とした狸が編み笠を被り少し首をかしげながら
右手に徳利左手に通帳を持って突っ立っている、
いわゆる「酒買い小僧」型が定番となっている。

今では狸の置物は、信楽焼の代名詞のような存在となり、
信楽へのアクセス路線である信楽高原鐵道の車体には、
タヌキのキャラクターが描かれている。

サントリーが発売するウイスキー、オールドは黒い瓶と白のラベルがコントラストが、
信楽焼の狸を連想させることから、愛飲者から「タヌキ」の愛称をつけられている。

by Wikipedia

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。